096-212-3933 FAX:096-212-3966

〒860-0826 熊本県熊本市南区平田1丁目13-6

消化器外来
内視鏡

熊本市/胃腸科/内視鏡/内科

逆流性食道炎について

診療方針
インタビュー動画「KTT医療ナビ!テレビたん」へ

左のQRコードを読み込んでいただくと携帯サイトがご覧いただけます。

逆流性食道炎(胃食道逆流症・GERD)

食べ物や胃酸(PHは1-2の強塩酸、1日2リットル分泌)が逆流しないように閉まっているはずの噴門が何らかの原因で開いたために食道に逆流して胸焼けなどの症状を起こす逆流性食道炎の患者が食生活の欧米化で日本でも増えていると言われています。(20才台で10%、40才台で20%の人が時々逆流性食道炎を起こしていると言われる)
欧米では成人の40%が悩んでいるというありふれた病気ですが、食道の炎症が慢性化すれば食道がんの原因になるとも言われています。最近の傾向として、内視鏡で食道を調べても炎症も傷も見つからないのに、胸焼けを感じる「非びらん性の胃食道逆流症」が増えています。
日本人の食道がんの90%は扁平上皮がんですが、胃酸の逆流の結果起きるがんは腺がん(治療成績が極めて悪い)で、今後増加することは間違いないと警告されていますので、逆流性食道炎と言われたら、胸焼けなどの自覚症状の強弱に関係なく、きっちりと服薬し、普段の生活態度(暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になるは三大悪)にも注意すると共に、定期的な胃内視鏡検査を受けることが重要だと言われます

症状

ちりちりした胸焼けが一番ポピュラーですが、食物がしみる感じや痛い感じ、固いものを食べたときに食道上部がつかえる感じ、胃部不快感、激しい胸の痛みもでることがあります。症状がひどい場合は焼け火箸をあてたような痛みと表現する人もいらっしゃいます。
何となく食欲がないとか甘いものが食べられなくなったり、喉・口の中へ逆流する感じがしたり、酸っぱいものが上がってくる、口がすっぱくなる感じ、口の中に苦い水が上がってくるなどの症状が出ることもあります。
喉の違和感(咳、喘息、咽頭圧迫感、喉頭異物感、声がれ、ものを飲み込むときにひっかかるような感じがするなど)が出る人もいる等多彩な不快症状が出現します。
ひどくなると食道が狭くなって食物が通りにくくなることもあります。かがんだ時や食べすぎた後(食後2時間以内)あるいは就寝後や起床時に不快感が強い人が多いようです。これは胃酸の分泌が夜中2時頃に多くなるためです。また、胃液は起きている時よりも就寝時など横になっている姿勢のほうが逆流しやすいために、就寝中に食道に炎症が起きるので朝起きた時から胸焼けを感じることが多くなります。

治療

日常生活の注意

まずは生活態度を改めることが基本です。これでかなり症状は軽快します。暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になるは三大悪です。

  1. 胸焼けを起こしやすい食品をできるだけ減らす必要があります。:天ぷら等の揚げ物や脂肪食、オレンジなどの柑橘類を減らす。食塩の取りすぎは逆流を起こし易いので、食卓塩をかけすぎに注意し、塩気の多い魚などは控えることが必要です。その他、カレーライス、ハンバーグ、シューマイ、マグロのトロ、揚げせんべい、さつまいも、オレンジジュース、コーラ、チョコレート、ココア、甘味和菓子、ショートケーキ、ペパーミント等
  2. 酒・たばこや刺激物(コーヒー、香辛料、カフェイン)や濃い緑茶、炭酸飲料(コーラ等)ビールに枝豆は胃酸の分泌が多くなるので控えるのがよいでしょう。
  3. 寝るときに頭部が10~20CM程度高くなるようにクッションやマットを折り曲げて布団の下に敷く等の工夫をすると良いでしょう。又横向きに寝る場合は、左を下にして寝るとよい。(一般的には右を下にして寝ると逆流しやすくなるが、これに対して、右を下にして寝る方が逆流しにくいと言う患者さんもおられます。)
  4. 肥満解消に努めます。
  5. 腹圧を上げないようにする。(重いものを持たない、前屈みを避ける、ベルトを強く締めない、排便時力まない)
  6. 食べ過ぎないことです。
  7. ゆっくり食べるようにし、早食いはしないように務める。
  8. 運動や食物繊維の多い食事は取ったほうがいいでしょう。
  9. 食べた後最低30分はごろんと横にならない。できれば2時間は起きておく。どうしても横になりたいときは頭を上げた姿勢を取る。
  10. 熱い物は避ける。
  11. 薬服用時は、水を一緒にたくさん飲むようにする。
  12. 牛乳、卵、大根、山芋、キャベツ、豆腐は逆流性食道炎に良いので積極的に摂りたい。
内服治療
胃酸の分泌を強力に抑える目的で、プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーが使われます。症状そのものは通常1-2週間で軽快しますが、一時的には治ったようにみえても再発し易いので、薬を長期、場合によっては一生飲むこともあります。
食道や胃の蠕動運動が何らかの原因で悪い場合は、食物が食道⇒胃⇒小腸に進まないので、逆流性食道炎を起こしやすくなります。消化管運動改善薬を投与し症状の改善を見ることもあります。
薬で治らない場合は手術も考慮されます。腹腔鏡手術や内視鏡による手術も必要になることもあります。

非びらん性胃食道逆流症

内視鏡検査をしても、食道にびらんや傷が見つからないのに、週に2日以上、胸焼けなどの症状があって日常生活に支障がある場合、非びらん性胃食道逆流症と言います。非びらん性胃食道逆流症の人の場合は胃酸の逆流があるのは60-70%で、残りの人は胃酸の逆流はなくても、食べた物の刺激等で胸焼けを起こす。治療には逆流性食道炎と同じ胃酸の分泌を抑える薬が用いられるが保険が適用されます。

Page Topへ戻る
住所
〒860-0826
熊本県熊本市南区平田1丁目13-6
TEL
096-212-3933
FAX
096-212-3966
診療科目
消化器内科・内科・呼吸器内科・循環器内科
診療時間 第3日曜
9:00~13:00
14:30~18:00

△ : 9:00~12:30 □ : 13:30~15:00
休診:第3日曜以外の日曜・祝日・水曜午後